fbpx

【合計購入金額税込8,800円以上で送料無料】
「7月23日~9月5日間の荷物のお届けについて」

COLUMN コラム

マスクのせい?毛穴ケアの方法

2021.08.06

長引くマスク生活で肌が蒸れ、毛穴が開いたと感じている人も多いかと思います。
肌の悩みとしても、常に上位にあがる「毛穴の開きや詰まり」のお悩み。
マスクの蒸れはもちろん、睡眠不足や食べ物の影響など、お悩みの原因は人によって多種多様。

今回は「毛穴」のお悩みからケア方法まで、簡単にまとめました。




毛穴の役割とは?

実は、毛穴はすごい働き者です。

肌のバリア機能が低下すると、皮膚を守ろうとして皮脂を出します。
皮脂分泌が増えれば毛穴は拡大し、分泌された皮脂は「皮脂常在菌」によって脂肪酸に分解されます。
これは毛穴に刺激を与える為、毛穴はさらに大きくなり、場合によっては赤みを帯びることもあります。

コロナ禍で多くの人が慣れない生活に不安やストレスを抱え、マスクをする日常になりました。
マスクの中は常に暖かく、水分蒸発を防ぐために、皮脂の分泌はますます盛んになります。このストレスやマスク環境で毛穴は肌を守ろうと大きくなったり、詰まったりしてしまうのです。
また、この皮脂が毛穴に詰まり、放置してしまうと黒く酸化してしまいます。
俗に言う「いちご鼻」のような近い状態になってしまい、ガンコな詰まりにもなってしまいます。
その後、「すり鉢毛穴」と呼ばれる、ポッカリと開いた状態になってしまうので、早めにケアをすることが必要になっていきます。




毛穴をケアする方法

多くの毛穴トラブルの原因は共通であり、過剰な皮脂分泌とそれに伴う炎症になります。
この過剰な皮脂を抑制したり、炎症を抑えたりする働きをもつ「ビタミン類」を取り入れることが必要になります。また不要な皮脂を落とし、バリア機能を守る保湿ケアを、肌の水分量と油分量に合わせて行うことも大事とされています。

 
<ケア方法>
 ・皮脂を落とす

 ・ビタミン類を取り入れる

 ・しっかり保湿

ビタミン類が補充できるコスメは?

注目されている成分は「レチノール」です。
レチノールはビタミンA1の化合物であり、2017年2月に厚生労働省が「小ジワ改善の効果・効能」もあると医薬部外品成分として認めております。

レチノールは肌内部でレチノイン酸に変わり、この成分が主に高い美容効果を発揮します。
レチノールを塗布することで、表皮の角層の細胞分裂を促進し、表皮を分厚くし、角質層をコンパクトにする効果があります。また、その効果で肌細胞の生まれ変わりも早くなることにより皮膚のシミの原因であるメラニン色素が古い細胞とともになくなっていくことも分かっています。





ビタミン類はビタミンAだけでなく、ビタミンB・ビタミンCも一緒に取り入れることが有効だと分かっています。
特にビタミンCは風邪やシミ・シワなどにどんどん消費されてしまうため、コスメや食事だけでなく、サプリメントも効果的かもしれませんね。