fbpx

【合計購入金額税込8,800円以上で送料無料】
「7月23日~9月5日間の荷物のお届けについて」

COLUMN コラム

目の印象について

2021.07.30

突然ですが、目の周りのお悩みを放っていませんか?

・目のたるみやクマが気になる

・目じりのシワが気になり始めた

・まぶたの乾燥が気になる

こんなお悩みをコンシーラーやアイシャドウで隠していませんか?
実は目元は皮膚が薄いため、トラブルが起きやすいパーツの一つです。そのため普段の何気ない仕草や習慣がトラブルを招いてしまうこともあります。
今回はよくある目の周りのお悩みと解決方法を見ていきましょう。




悩みケース1:目元の「クマ」の原因は?どうすれば解決する?

目元のクマと言ってもいくつかの原因で分かれており、「クマの色」などで大きく分類されます。

>茶色のクマの場合
→シミやくすみが原因。目をこする癖や、目元を触る習慣があると、まぶたの角質が厚くなり、茶色に見えることもあります。

【解決方法】
大敵はなんと言っても紫外線です。
1年を通して紫外線は降り注いでいるため、帽子やUV効果のある化粧下地など、外出時は気をつけましょう。




>黒色のクマの場合
→むくみやたるみが原因。
目の周りの薄い皮膚に加えて、年齢とともに眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えられなくなりたるんでしまいます。そのたるみの影で黒く見えたりします。

【解決方法】
たるみは筋肉の劣化や疲れから起こることがあります。パソコンやスマホで目を酷使していませんか?
寝る前に、優しくマッサージをする事で解消するかもしれません。 1年を通して紫外線は降り注いでいるため、帽子やUV効果のある化粧下地など、外出時は気をつけましょう。




>青色のクマの場合
→目の周りには多くの血管が通っています。目が疲れたりすると、薄い皮膚を通して血液が透けて見え、青色に見えます。
眼精疲労や冷え性などで、どんどん悪化するため血行不良を治すことが改善の鍵となります。

【解決方法】
黒色同様に眼精疲労の傾向があります。デジタル機器で酷使しているのかもしれません。寝る前など目を休ませてあげると解消するかもしれません。




悩みケース2:シワや乾燥の原因は?どうすれば解決する?

目は1日に約2万回もまばたきをすると言われており、当然皮膚の収縮でシワになりやすい部位です。また、皮膚も薄く、皮脂が少ない為、乾いてしまいます。
そして表情の変化で皮膚に負担をかけ、シワを招いてしまいます。

最近では持ち運びに適したアイクリームなどもあります。
気になり始めた時から保湿ケアをすることによって、目頭・目じり・下まぶたなどのシワ対策になるのかもしれません。

昔に比べデジタル機器が増え、パソコンやスマホなどを使う機会が増えてきているかと思います。
目を酷使する環境下になっている為、日頃のケアが大切になってきます。 目元の印象で“5歳も老けて見える”と言われるほど、目元はその人の印象を大きく変えてしまいます。

今からケアを始めることが数年後の目元を作っていくのかもしれませんね。