fbpx

【合計購入金額税込8,800円以上で送料無料】
【夏季休暇について】

COLUMN コラム

表情筋を鍛えてシワ、たるみを解消!

2022.07.29
表情シワ

体力の低下などの目に見えない老化は、自分だけにしか分かりませんが、外見の老化は傍目にもはっきりと分かるのが辛いところ。中でも、顔のシワやたるみは、洋服ではカバーできませんし、一日のうちに何度も鏡で見てしまうだけに、ショックから元気が出なくなってしまうことも…。

 

生きていれば年を取るのは当然なのですが、見た目の若々しさは、やはり気持ちも若々しくしてくれるもの。では、顔のシワやたるみを予防し、既に出来たシワを、それ以上深くしない簡単な方法があるとしたら、やってみたいと思いませんか? 即効性はありませんが、顔のシワの中でも目立ちやすい、おでこジワとほうれい線の簡単なケア方法をご紹介します。

 

シワの種類と原因

表情じわ

毎日鏡で見る自分の顔が少しでも若々しくなれば、気持ちも前向きになれますし、自信もわいてきますよね。

シワの原因に合った対策をすることで、浅いシワならある程度改善しますし、深いシワはそれ以上深くならないように、食い止めることができます。また、たるみが改善するとシワが目立ちにくくなるだけでなく、何もしないときに比べて、フェイスラインがすっきりして若々しい印象になります。

深さや原因によって、シワにも何種類かあり、それぞれに合った対策をすることが重要です。そこでまずは、シワの種類を知っておきましょう。

  • 小ジワ

    別名を「ちりめんジワ」ともいいます。乾燥が主な原因で、表皮から真皮の上層部分にあたる、比較的、皮膚の浅い部分に出来ます。皮膚を指で引っ張ると見えなくなるシワで、通常は肌のターンオーバーによって改善されていきます。

  • 大ジワ

    「深ジワ」「真皮ジワ」とも呼ばれます。紫外線が原因と思われるものは、特に「紫外線ジワ」と呼ばれることも。紫外線や<活性酸素>によるダメージや、肌の老化によって、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減少したり変形して、シワになったものです。また、太陽光の中で、紫外線の次に波長が短いブルーライトも、紫外線と同じように肌にダメージを与え、大ジワの原因になります。

  • 表情ジワ

    横線や眉間の縦方向の「おでこジワ」や、目の横の「笑いジワ」など、無意識にいつも同じ表情を作っているために出来てしまうシワです。

  • たるみが原因のシワ

    いちばん目立つのが、「ほうれい線」と呼ばれるシワで、鼻の横から口の横にかけてアーチ状にできるシワです。頬の皮膚や筋力の衰えが原因となって、皮膚が垂れ下がってシワになります。

 

 

シワ・たるみの解消法

    • 保湿と水分摂取をしっかりと行う

      「小ジワ」は、肌の乾燥を防いで、ターンオーバーが正常に行われていれば目立たなくなります。小ジワのケアをきちんとしておくと、「大ジワ」の予防にもなります。肌表面からの水分の蒸発を防ぐために、洗顔後はすぐにクリーム等の保湿剤で皮膚を守りましょう。

      また、体の中から水分を補うことも大切です。実は、日本人の多くは、水分摂取量が足りていないといわれています。平均で一日にコップ2杯分の水分を余分に取れば、水分摂取量は足りるといわれています。生きるための水分すら足りていないようでは、肌を潤すどころではありません。

      外からのスキンケアに加えて、体の中に水分を取り入れることも忘れないようにしましょう。

 

      • 紫外線やブルーライトを避ける

        肌の真皮層にダメージを与える、紫外線やブルーライトを浴びないように対策します。直射日光に当たらないように、外に出るときには帽子や日傘を使いましょう。ガーデニング等の作業時には、目だけを出してほかを覆うようなカバーを着けるのもおススメです。晴れの日だけでなく、曇りや雨の日でも、必ず日焼け止めを使いましょう。

        また、スマホやパソコンも、機種によっては、ブルーライトを軽減する設定があります。きちんと設定しておきましょう。

 

      • 栄養補給に気を遣う

        ストレスがたまると、コラーゲンを破壊して「大ジワ」の原因となる<活性酸素>が過剰に作られてしまいます。

        しかし、活性酸素は、抗酸化作用のある食べ物で減らすことができます。ビタミンCを含む緑黄色野菜や果物、ビタミンEを含むナッツ類などを、普段の食生活に取り入れましょう。ストレスの原因を取り除くのは、自分では難しい場合もあるかもしれませんが、食生活は自分の意識と行動で変えていけるものです。

        おやつをナッツに変えてみる、デザートを果物に変えてみる等、ちょっとした心掛けでできることを探してみましょう。ブロッコリーなら、ゆでるだけで食べられるので、付け合わせとして常備しておくと便利です。

 

    • 十分に睡眠をとる

      しっかり睡眠を取ると気持ちがいいものですが、単なる気分の問題だけでなく、十分な睡眠は「大ジワ」を予防し、「小ジワ」を改善する作用もあるのです。

      肌のターンオーバーは、睡眠中に活性化します。つまり、睡眠不足は、そのままターンオーバーの乱れにつながってしまいます。小ジワの段階ならターンオーバーで回復しやすいのですが、睡眠不足はその回復を邪魔してしまいます。

      また、睡眠不足では疲れが取れにくいため、ストレスがたまりやすくなります。ストレスは過剰な<活性酸素>を生み出すため、大切なコラーゲンを破壊して、大ジワを作り出す原因になってしまいます。

      睡眠が足りていないと感じる方は、生活習慣を見直したいものですね。

 

  • 表情筋ストレッチを行う

    表情シワ

    全くお金がかからないシワ・たるみの解消法といえば、<表情筋ストレッチ>です。立ったままでできますので、広い場所も必要ありません。

    表情ジワやたるみが原因のシワなど、筋肉の衰えが原因のシワは、筋肉を鍛えれば改善されたり、それ以上深くなるのを防ぐことができます。まだシワの目立たない方にも、シワ・たるみの予防の効果がありますので、やってみる価値は大きいです。どのストレッチも、朝晩2回行うのがおススメです。

     

 

表情筋をほぐして柔らかくするストレッチ その1

顔の筋肉は意外に固まっていて、なかなか動かしづらい方も多いようです。最初に筋肉をほぐして柔らかくするストレッチを行ってから、ほかのストレッチを行うと、より効果的です。

表情筋ストレッチ

① 顔のパーツを鼻のほうに集めるような気持ちで、口をすぼめて目をギュッと閉じて5秒間キープする

② 目を見開いて口角をあげて5秒間キープする

③ 1,2をさらに4回行う

 

 

表情筋をほぐして柔らかくするストレッチ その2

① 口をしっかり閉じて、右のほほを膨らませて、5秒間キープする

② 同様に左のほほを膨らませて、5秒間キープする

③ 同様に鼻の下を膨らませて、5秒間キープする

④ 同様に口の下を膨らませて、5秒間キープする

⑤ 1.~4.をさらに4回行う

 

眼輪筋を鍛えるストレッチ

目を開くときに使う「眼輪筋」が衰えると、おでこの皮膚を上に引っ張って、横ジワを作りながら目を開ける癖がついてしまいます。こうなると、目を開けているだけでシワを増やすことに…。本来の目の開け方ができるようになれば、表情シワの改善が期待できます。

【注意!】目の周りの皮膚は、ほかの部分よりも薄いため、こすったり爪を当てたりしないように気を付けて行いましょう。

① 人差し指、中指、薬指の三本の指先を眉下に当てて軽く持ち上げ、そのまま、まぶたを20回開閉する

② 指を眉頭側に移動して、同様にまぶたを20回開閉する

③ 指を眉尻側に移動して、同様にまぶたを20回開閉する

 

おでこの表情ジワに効くストレッチ

① 目と眉を中心に寄せて、眉間にシワを作って5秒間キープする

② ゆっくり戻す

③ 目を大きく見開いて、眉を上に思い切り上げて、額に横ジワを寄せて5秒間キープする

④ ゆっくり戻す

⑤ 1.~4.をさらに4回行う

 

ほうれい線に効くストレッチ

表情筋ストレッチ

① 右目をギュッとつむり、右の口角を右上に引き上げて5秒キープする

② ゆっくり戻す

③ 左目をギュッとつむり、左の口角を左上に引き上げて5秒キープする

④ ゆっくり戻す

⑤ 1.~4.をさらに4回行う

<POINT>

できるだけ鏡の前で、口角がちゃんと引き上がっているか、確認しながら行いましょう。

左右の筋肉の使い方に偏りがあると、どちらか一方だけが上げにくいことがあります。その場合は、上げにくい方に、より気を遣って行います。また、慣れないうちは、半目になって目をギュッとつむれないこともあります。少しずつ続けて、動かせる範囲を広げていきましょう。

慣れてきたら、①のときに左の口角も右へ、③のときに右の口角も左へ、いっぱいに寄せて行うと効果がさらに高まります。

 

 

まとめ

顔のシワは自然な老化のせいだけでなく、乾燥、紫外線やブルーライトのダメージ、寝不足等のストレス、顔の筋肉の衰えなど、さまざまな原因があります。

原因に応じて、保湿、ビタミンCやビタミンEの補給、紫外線やブルーライト対策をする、十分な睡眠を取るのは、シワのケアの基本。さらに、表情筋のストレッチも行えば、ほうれい線やおでこジワに直接アプローチすることができます。

今回ご紹介した表情筋のストレッチは、すべて行っても6分程度で終わるものです。朝晩2回行っても、そんなに時間はかかりません。

テレビを見ながら、入浴中などに、ついでに行うようにすれば、生活にほとんど影響はありません。早速、今日から試してみませんか?

この記事をSNSでシェアする!