fbpx

【合計購入金額税込8,800円以上で送料無料】

COLUMN コラム

冬のスキンケアのポイントとは?

2022.01.07

気温や湿度が下がり、肌トラブルが多くなる冬。肌の乾燥による、かゆみや湿疹などにお悩みの方もいるのではないでしょうか。

今回は、冬に肌トラブルが起こりやすい理由と、冬のスキンケアのポイントについてご説明します。

 

冬は肌バリアの機能が低下しやすい季節

私たちの肌は、たくさんの組織が重なってできています。 その中でもとくに大切なのが、肌の一番外側の部分である「表皮」です。


表皮には、肌の表面から水分が蒸発するのを防いだり、細菌やアレルギー物質などの異物から体を守ったりする「肌バリア」という機能が備わっています。
肌バリアの機能が低下すると、肌が乾燥や炎症を起こしやすくなり、シミや吹き出物といったトラブルの原因になります。


空気が乾く冬は、肌バリアの機能が低下しやすいため、乾燥肌をはじめとする、さまざまな肌トラブルを起こしやすい季節なのです。

冬の寒さや乾燥は、肌の新陳代謝にも影響を与えます。肌の表面にある古い角層は、およそ45日周期ではがれ落ち、新しい細胞と入れ替わっています。
この働きは新陳代謝(ターンオーバー)と呼ばれており、健康な肌を保つためには欠かせない仕組みです。

しかし、体が冷えて血行が悪くなったり、肌が乾燥した状態が続いたりすると、肌の新陳代謝は乱れがちに。 溜まった古い角層によって、肌に水分が浸透しにくくなるため、より肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

 

保湿だけでは不十分?冬のスキンケアのポイント

冬は、肌バリアの機能を低下させないよう保湿を重視したスキンケアをしながら、肌が乾きにくい環境を作ることが大切です。

 

  • 洗浄力の優しい洗顔料や、保湿成分配合の基礎化粧品を使用する
  • 部屋を適度に加湿して、肌の水分が蒸発しすぎるのを防ぐ
  • マッサージや運動、入浴などで全身の血行を良くして、肌の新陳代謝をアップさせる
  • 熱いお湯での洗顔や長時間の入浴は、肌が乾燥しやすくなるので控える

 

健康な肌づくりには、五大栄養素をバランスよく摂取することも大切 です。肌の材料となり、新陳代謝を促進させる働きのあるタンパク質 やミネラル 、保湿成分であるセラミドの材料となる必須脂肪酸 などは、とくに積極的に摂りたい栄養素です。

 

[まとめ]乾燥肌は、さまざまな肌トラブルの原因になります。体の外側と内側、両方からケアすることで、冬でも潤いのある肌を目指したいですね。

肌バリアを強化するストリベクチンの独自成分「NIA-114™」については コチラ

 

 

【ストリベクチンおすすめアイテム】

■SDアドバンスドプラス

最大72時間水分補給補保持するモイスチャライジングクリーム

赤ちゃんの肌からヒントを得た
独自成分『collagex-CE complex』がアップグレード!10種類のコラーゲンを対象に働きかけ弾みようなツヤとハリを与えます

 

■AWトランスフォームセラム

「お肌のガードマン」といわれるカレンデュラエキス配合

超濃縮型美容成分が、くすんだ肌に透明感と弾力を与え、潤いが長時間続きます

AWトランスフォームセラム画像

この記事をSNSでシェアする!